2015年08月23日

必殺仕業人について

私が一番お気に入りのシリーズです。なんといっても全体に広がるムードが好きです。
暗いというか、薄曇りというか・・・。決して晴れることのない世界であるが、それでも懸命に生きてゆく人間が描かれている。ここまで人間描写がある意味素直に描かれているシリーズはないでしょう。

劇中から生活感を感じられないようにするのが人気ドラマの必須要素のひとつかもしれない。二十歳そこそのこのOLが、おしゃれなスーツに身を包み、都心のマンションぐらし。
一昔前にはやったトレンディー(死語)ドラマの登場人物はみんなこんな感じであった。
ドラマとは現実から逃避するほうが自然な方向である。だから視聴者はそれにあこがれるのである。

現代劇でさえ、生活感を消そうとしているのに、時代劇がリアル生活感を持つ。このギャップが仕業人の魅力である。必殺至上最高の人気を誇った、「必殺仕事人V」では、見事に生活感が消えている。殺し屋にしても悪人にしても。

「必殺仕業人」を観て、拒絶反応を起こす人も多いと思う。また一方で、その魅力に取り憑かれた人間も必ずいるはずである。

このサイトはその魅力に取り憑かれた人間のために作られたものです。
posted by 竹細工 at 08:00| Comment(0) | 必殺仕業人